読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO APPETITE

しがない中年のブログ ダイエット・健康・様々なライフスタイル

ファスティングダイエットの効果が凄い!1日の断食でここまで!?

どもっ!飯朔です。

 

最近話題になってるファスティングダイエットってご存知ですか?

 

私も昨日の番組で知ったのですが、短期間で体重を落としつつ・体調も回復するといったダイエットなんです。

 

今回はフェスティングダイエットについて特集していきたいと思います。

 f:id:mongorianus:20170117181738j:plain

 

 

 

ファスティングダイエットって何?

ファスティングのfastとは「絶食」「断食」という意味で、breakefast(朝食)は長時間の断食を壊すという意味なんですね。

 

断食っていえば、宗教的モラルでイスラムが行ってるラマダーンや精神的修行の一環として行われてると想像しますが

 

今回特集するファスティングダイエットは完璧な絶食ではなく、一定期間食事を摂らないダイエット。

 

脂肪の燃焼の為には、まずはケトン体を分泌しなければいけません。

www.tyuunennkiktou.com

 

中性脂肪・内臓脂肪・その他の脂肪を燃焼させることで、細胞内に溜まった有害物質を排出し、消化酵素を抑え代謝酵素を働かせる事で新陳代謝を活発にして細胞を促進させる。

 

まさにいいこと尽くしのダイエット方法だ。

 

 

ファスティングの流れですが

 

主に、準備期間→断食期間→復食期間というサイクル

 

準備期間に普段から食べる量を減らしていき(腹6分~8分)、断食期間に突入。

 

断食期間は、水又は栄養ドリンク(酵素ドリンクなど)を摂取して過ごす。通常は1~3日が一般的だが、それ以上の場合は素人には危険なので公的の断食施設へ通うことをオススメします。

 

そして復食期間へ。ここから通常の食事に戻していくのですが、味噌汁などの流動食から始めて徐々に固形物を食べていくようにします。

 

あくまで一方法なので

 

酵素ドリンクってどうなの?

よく断食中に酵素ドリンクがおススメ!とサイトを見かけるが、本当に大丈夫なの?って思うところ。果物や野菜を発酵してると表記されてるが腐敗はしないのかと心配する。

 

実際口コミサイトで調べた所、賛否両論でどちらが正解なのかわからん。だが肝である「代謝酵素」って外から体内に取り入れることはできないはず。酵素たんぱく質の一種だから、胃の中に入っても胃酸によるアミノ酸より滅してしまう。

 

こう考えると、酵素ドリンクには活性のある酵素はほとんど含まれていないと考えられる。

 

真実を知ってる方いれば教えて欲しい。

 

 

 

公的断食施設で心地いいダイエット

番組「主治医が見つかる診療所」で特集されたファスティングダイエットは、主に脳をリセットして痩せやすい体に変身するプチ断食。

 

今回の体験者は、コメンテーター・著述家として有名な湯川玲子さん。さっそく兵庫県淡路島に向かいます。

 

なぜ、淡路島なのか?とお思いですが、実はこの地に国内で唯一の公的断食施設があるんですね。

 

五色県民健康村健康道場という施設

 

ここで湯川さんは3日間ファスティングダイエットすることになります。(1日・2日前半 断食期間 2日後半・3日復食期間)

 

まずはファスティングする前に、血圧測定・心電図検査・血液検査・尿検査を検査。結果によってはファスティングできない可能性もあるようですが、湯川さんはクリアします。

 

ルールは、食事は医師が指示するまで食べ物を摂らない・毎日2ℓ以上の水かお茶を飲むこと。

 

1日目

昼食は、なんと特製ダイエットジュース(100kcal)だけ。中にはジャム・低脂肪乳脱脂粉乳・ビタミン剤が入ってるとのこと。

 

実は、脳をリセットする肝がこのジュースにあるらしい。

 

1日目の夜も特製ジュース。昼に飲んだ時と一緒のはずなのに、濃厚に感じると変化が!味覚の変化により脳のリセットを開始し始めることで、脂肪がこれから分解されていく

 

人間が作る細胞が、血液から運ぶ糖分を主にエネルギー源としてます。しかし、ファスティングで食事を抜くことで細胞は飢餓状態になり甘味に敏感になります。

 

糖分が無くなると細胞は生き残る為に、蓄えてた脂肪分をエネルギー源として消費。つまり血液中の糖分が無くなると脂肪が燃焼し始めるということなんです。

 

先生曰く、リバウンドの原因はやはりつらい記憶が脳に刻み込まれているからとのこと。当院でダイエットは心地よいという記憶を残してリバウンドを防げるメンタル要素も含まれているんですね。

 

夜のジュースを飲み終えた湯川さんは、寝るまでゆっくりしてました。

 

2日目前半

2日目の朝も特製ジュース。

 

すると湯川さんに眠気が。ファスティング初期には強い眠気を感じる事が多い、それは体内に残ってた糖が無くなり脳のリセットが始まったからだ

 

昼も特製ジュース。肝臓から出現するケトン体が生成し始める。

 

2日後半

後半は復食期間に突入。久々の食事だが薄口料理が多い。ある程度の量もあるが僅か300kcalほど 

 

五分粥、肉じゃが、茸の和え物、お味噌汁。どれも薄口  322k cal

 

今の状態で食事すると一度絶食すると薄味の美味しさが分かり、最低限必要な食事の量も体で覚えられる。
 

 

この基準を持つことがリバウンドしない秘訣なのだ

 

3日目

朝食は、牛乳・レーズンパン・チーズ・タマネギとえのきのスープ 320kcal

 

昼食は、八分粥・野菜中心のおかず・お味噌汁300kcalの食事。

 

ファスティングを終えた湯川さんは、2泊3日で、72.1→70.1キロ 2キロの減量に成功!

 

中性脂肪の数値も487mg/dLから356mg/dLに減少しました。

 

もしこの断食療法が気になる方がいたら、一度サイトを観るのもいいかもしれない。

 

サイトはコチラ↓↓

公的断食施設ー五色県民健康村健康道場ー

 

 

 

まとめ

ファスティングのポイントは
・味覚をリセットして薄味に慣れる。
・食欲をリセットして小食に慣れる。
・代謝をリセットしてケトン体を作り、脂肪を燃やす 

 

 

問題は燃焼してケトン体が生成するまでの間が辛いところ。

 

しかし、その先にはリバウンドの無い痩せやすい体に変化してるでしょう!