NO APPETITE

しがない中年のブログ ダイエット・健康・様々なライフスタイル

北里病院(東京)で取り扱う漢方ドックが大注目!オーダーメイドの漢方で身体を改善!

f:id:mongorianus:20170202043134j:plain

どもっ、飯朔です。

 

病院へ行くほどでもないけど、何か・・調子悪いってことありますよね。

 

そんな中途半端な体調不良に効果があるのが漢方。

 

最近、漢方について世間認知度が広まってる中、1人1人の症状に合わせたオーダーメイドの漢方を処方してくれる場所があるようです。

 

それは「漢方ドッグ」!

今回は漢方ドッグの魅力・漢方ドッグを受けられる場所の紹介をしていきたいと思います。

 

 

 

人間ドックと漢方ドックの違い

今回の情報は、3/5に放送した「フルタチさん」から引用しました。

 

人間ドックとは、精密機械を使って現在の健康状態を明確にし、病気などの異状の早期発見を行うことができると言われてます。
 
1年に1度の健康診断と似ているが、人間ドックは検査する項目が多く且つ検査義務はない。
 
費用は3万~5万。精密機械だと10万する。
(医療施設や検査プランによって検査内容は異なります。)
 
 

一方、漢方ドックとは、病名が不明の冷え性・便秘・肩こりなど西洋医学で調べてもわからない未病を3つの診断方法で、身体のどの部分に異常があるのか探しだすことができる。

 
診断後、患者に合ったオーダーメイドの薬を処方してくれる。
 
 

漢方ドックの診断法

北里大学 東洋医学総合研究所の調合室での診断法についてです。

 

まず患者に、問診脈診舌診腹診をして体の3つの症状を診断します。

 

問診・脈診・舌診・腹診についての詳細はコチラ↓↓

www.tyuunennkiktou.com

 

 

①虚実

抗病力・基礎体力を診断・・・「虚」「中間」「実」の3つ状態に当てはめていきます。

 

・胃の調子の悪さ、疲れが「虚」

・特に異常なしの「中間」

・病気に対する抵抗力があり過ぎて、逆に強い反応が出る「実」

 

②寒熱  

冷えなどの体感温度を診断・・・「寒」「中間」「熱」の3つ状態に当てはめていく。

 

➂気血水

血液・水分・気の流れを診断。・・・「気虚」「気滞」「気逆」「血虚」「瘀血」「水滞」「津液不足」のバランスを診断。

 

これらを診断後、患者に合った漢方が調合室で生成されます。

 

自分に合う漢方はあるのか?

百味箪笥の中には約200種類の生薬が入っており、この中から患者に合った生薬を選び、組み合わせてブレンドしていきます。

 

まさにオーダーメイドの漢方薬が作られるのですね!

 

 また、自分に飲んでて続けられない場合、何日飲んでも味が悪いのは=合ってない証拠とのこと。本当に合ってれば美味しいようです。

 

「良薬は口に苦し」という孔子の言葉がありますが、この事実が本当なら、ことわざとはいい加減なものだな~と思いました。

 

最後に注意したいのが、漢方の素材に副作用が出る可能性もあるので、必ず専門医師に相談して処方することをおススメします。

 

 

漢方ドッグを受けられる場所

東京

北里大学東洋医学総合研究所

 

日時    月~金曜日 9:00~15:30(予約制)
所要時間  約60分(結果報告含む)
場所    北里大学東洋医学総合研究所 漢方鍼灸治療センター
費用    4,320円(税込み)

電話番号  03-5791-6169

www.kitasato-u.ac.jp

 

 

東京女子医科大学東洋医学研究所

 

電話  03-6864-0825(初診・再診も)

場所  東京女子医科大学 東洋医学研究所クリニック

漢方診療・鍼灸治療の東京女子医科大学東洋医学研究所|田端駅北口徒歩1分

 

その他、大阪京都福岡名古屋など、漢方による専門治療が可能な病院はいくつかあるようですが、「漢方ドッグ」を取り扱う病院は見つかりませんでした。

 

まとめ

今までは、主に西洋医学をもとに病気を追及してきましたが、近年では東洋医学により改善することが実証されてます。

 

もし、原因不明な冷え性などの症状が表れたら、漢方ドッグや和漢診療科で診察してもらえばと思います。