NO APPETITE

しがない中年のブログ ダイエット・健康・様々なライフスタイル

ヨーグルトと納豆を正しい食べ方で腸内細菌を増やそう!毎日健康

どもっ飯朔です。

 納豆とヨーグルトは健康食品の代表的な食べ物ですよね。

 

これからダイエットを始める方、生活習慣を改善しなければいけないなと思っている方、健康のため食生活を見直そうとしているかなどに今回の記事はぜひ読んでいただきたいと思います。

 

というのも、納豆とヨーグルトの効果を効果的に得るためには食べ方というものがとても大切で、多くの人が間違った食べ方をしている可能性が大きいからです。正しい知識を手に入れて健康への一歩を踏み出しましょう!

 

 

納豆とヨーグルトの魅力

f:id:mongorianus:20170524153318j:plain

まず、納豆とヨーグルトがいかに魅力的な食品かという点について!


納豆とヨーグルトはともに腸内環境を整えてくれます。腸は第二の脳と言われるほど私たちの体にとって重要な役割を果たしてくれている器官なんですね。

 

実際、腸は脳内の神経伝達物質である「セロトニン」を作り出すほか、皆さんも知っているように消化・吸収の役割を担ったりしてくれます。


 納豆とヨーグルトは低カロリー、高タンパク質、低糖質食品であり、ダイエットや筋トレのための栄養補給食品としても万能な食べ物だとわかります。


 また、サプリメントなど金額が高くて手を出せないという方でも、十分購入できるというのも良い点。実際、スーパーなどでは100円ほどで買う事ができるし、経済的にも助けてくれる食品です。

 

冒頭にも話したとおり、納豆とヨーグルトの恩恵をマックスに受けるためには正しい食べ方をするのがとても重要。


これから、納豆とヨーグルトの正しい食べ方について紹介していきます。目からうろこの情報がたくさん出てきますので、ぜひご一読ください

 

 

ヨーグルトの正しい食べ方

f:id:mongorianus:20170524153145j:plain

ヨーグルトの効果を最大限受けるためには、いつ食べるかというのがとても重要になってきます。これから、特に大切にしてほしいポイント3つについて書いていきます。

 

食前or食後 どっちに食べたほうが効果的?

生きたまま腸に届く乳酸菌というフレーズは皆さんよく聞くと思います。

 いかにも、生きたまま乳酸菌を腸に届けるのが簡単そうに謳っていますが、生きたまま届けるというのは実はとても難しいことなのです。

 

それは簡単に説明すると、乳酸菌は胃酸にとても弱く簡単に死んでしまうから。

 死がいが善玉菌のエサになるので少しは効果はあるが、少しでも生きた菌を腸に届ける為にも胃酸の働きが弱い時に食べたほうがより効果的という事です。

 

では食前・食後どっちがいいでしょうか?胃酸は空腹時より強いものが出ますので、答えは食後です。

 よく、朝起きて一番にヨーグルトを食べるという人がいますが、これは間違いで、朝食後など胃酸の働きが弱まっているときに食べたほうがより効果的なんですね!

 

腸が活発に働く時間は?

みなさん、腸が活発に働くのはいつなのか知っていますか?

 答えからいうと夜!夜の22時から深夜2時までは腸は活発に動くと言われています。よって、この時間に食べるのが効果的です。

 

また、単に冷たいまま食べるよりも温めて食べたほうが乳酸菌がより吸収されやすくおすすめ。

 温める温度として、40度前後が乳酸菌が一番活動しやすいと言われていますので、ベストな食べ方は夜10時から深夜2時の間に40度くらいに温めたヨーグルトを食べるというものです!

 

継続的に食べる

当たり前ですが、数日食べ続けたからといって効果がすぐ現れるわけではありません。目安としては、最低10日間は食べ続けましょう


 幸いヨーグルトはほかの食品との食べ合わせが抜群。代表的なものでは、バナナやイチゴなどのフルーツと一緒に食べたり、はちみつをかけて食べる方法がありますね。自分なりに食べ方を変えていくことで、飽きなく続けていけると思います。

 

www.tyuunennkiktou.com

 

 

納豆の正しい食べ方

f:id:mongorianus:20170524153415j:plain

 次に、納豆の正しい食べ方について書いていきます。

 

納豆をアツアツのご飯にかけて食べたり、納豆チャーハンにして食べたりするのが好きな人は多いと思います。


 しかし、これらの食べ方は実は間違い。というのは、納豆に含まれる納豆菌は熱に弱いという特性があり、これらの調理法では納豆の効果を薄めてしまいます

 よって、納豆は熱いものと一緒に食べることはおすすめしません。

 

また、納豆は食べ合わせがとても重要で、納豆は乳酸菌の働きを助長してくれるという特性があります。

 よってキムチやヨーグルトといった乳酸菌が多く含まれている食品と一緒に食べる事をお勧めします

 

朝ごはんのお供として有名な納豆ですが、実は夜に食べたほうがより効果的だという研究結果も出ています。


 納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素血栓を融解する効果があるのだ。夜食べて寝ることで血栓ができやすい睡眠時間と被り、より効果的なのです。

 

www.tyuunennkiktou.com

 (J -castより引用)

 

さいご

健康食品の代表格として有名な納豆とヨーグルトですが、食べ方次第で効果が出やすくなったり、出にくくなったりします。どうせ食べるなら、最大限に恩恵を受けたいですよね。

 

ちょっと食べ方を気を付けるだけで、より効果が得られるならば十分合理的です。ぜひ、今回得た知識を生かして、健康的なライフを送ってください!